見出し画像

フリーランスを経験し、フリーランス人材会社に戻ってきた私が未来の社会人に伝えたい「社会の楽しさ」と「出会いの大切さ」(人事 高尾)

こんにちは、人事の高尾です。
東京本社で新卒採用担当をしています。
今回は自己紹介を含め、私目線からみるアン・コンサルティングについてお話できればと思います。

わたし紹介「高尾」って?

改めまして、高尾優吾(たかおゆうご)と申します。
1998年生まれ、出身は兵庫県の加古川という田舎の中の田舎で育ったため、現在東京での一人暮らしは苦戦中でございます。
ちなみに、私のMBTIはENFPなので自由奔放でやりたいことはやるタイプ。明るい、よくしゃべる、活発といわれることが多いですね。

そんなことはさておき、経歴を軽く紹介します。
2021年新卒でアン・コンサルティングに入社し、2年間営業をしていました。その後一度退社しフリーランスとして1年過ごした後、人事部 採用担当として戻ってきました。
なぜ私がアン・コンサルティングに戻ることになったのかも、後々お話しできたらと思います。

毎年年末に書き納めをするタイプです。
2023年は『創造』

どんな就職活動をしていた?

昔から人事の仕事に興味があり、人事のキャリアに繋げやすそうという漠然とした理由で人材業界に興味をもっていました。様々な業界を見たうえでアン・コンサルティングに決めた私ができるアドバイスがあるとすれば、希望業界軸が決まっている方にも是非、他業界を覗いてほしいということです!(他業界を見て初めて気づく人材業界の魅力があったりしました)

さて、複数の人材会社の内定からなぜアン・コンサルティングを選んだのか。
当時「どの社長と一緒に働きたいと思うか」という就活の判断軸を大切にしていた自分にとって、これまで出会った社長の中で一番ワクワクした表情で会社の未来を語って下さり、この会社で社長と同じ夢を見られたら、どんなにつらいことがあっても乗り越えられる、ついていきたいと感じさせてくれたのが久利さんでした。(何様だと思うかもしれませんが(笑))

営業として働いた2年間

アン・コンサルティングに入社し、営業という仕事を経験したうえで、自分が感じたやりがいや、仕事観について語ってみます。

<やりがい>
フリーランスという働き方は「自由に働ける」というイメージがあるかもしれませんが、そのためには常に自身のスキル・能力を高めて、自らの力で仕事を獲得していかなければなりません。私は営業時代にフリーランスの支援をしていく中で、夢に向かってパワーアップし続けている皆さまの姿に多くの刺激をもらいましたし、自身の仕事のモチベーションアップにも繋がっていました。「フリーランスの仕事を探す」という事業を通して、自身も成長し続けていけることは、私にとって大きなやりがいでした。

<仕事観>
仕事をする目的や意義について問われると、「私の原動力は上司(リーダーやマネージャーのこと)です」と回答することにしています。根本的に自分のために頑張ることができない私は誰かのために頑張るタイプで、心の底から「この人のために頑張りたい!」と思える人がアン・コンサルティングにいて、本当に恵まれているなと感じてます。
採用選考ではそんな素敵な先輩社員の方々とお会いいただきたいと思っています!

一度仕事をやめた理由

上記でこんなにも先輩が好き、社長が好き、と言っていた自分が一度アン・コンサルティングを去った理由ですが、仕事内容や働きづらさではありません。
理由はシンプルで、「今したい事があったから」です。どうしても諦めきれない思いを社長の久利さんに相談すると、驚いたことに笑って受け入れてくれました。自分のしたいことがあって突き進めるのはいいことだと逆に背中を押してもらったことは今でも鮮明に覚えています。

人生が変わったカンボジアでの経験

”フリーランス”という働き方を経験して

アン・コンサルティングを去ってからはフリーランスで仕事をしていましたが、フリーランスと聞いてあなたはどんなイメージを持ちますか?
私の初めの印象は、自由!ストレスフリー!でした。
働く時間は自分次第なので、頑張る日もあれば仕事をしない日もあります。時間を自由に使える、場所を選ばない、一度は憧れたことのあるような働き方ができるのがメリットです。
もちろん良いことばかりではなく収入の不安定さに加え、自分の気分で仕事にムラができてしまうデメリットもあり、自分に甘いタイプの私からすればかなり苦労しました。

正社員という働き方を辞めてから気づいたことのひとつに、目的意識を持つことの大切さというのがあります。
どうなりたいのか・どういうことがしたいのか、なぜそれをするのか、フリーランスで働く意味をひたすら考える時間が増えました。
正社員の時はしなければならない、ある種の義務感で逆に受け身になってしまうシーンがありましたが、目的意識をもつことの重要性を教えてくれたフリーランス時代を経ての気づきはとても良い経験になっています。

なぜアン・コンサルティングに戻ってきた?

理由は2つあります。
一つは昔からずっと人事がしたかったから、そしてもう一つの理由はやっぱりアン・コンサルティングが好きだからです。
どんなところが好きなの?と聞かれるととたくさんあるので困ります(笑)
強いて言うなら超フラットな社風に十人十色の濃いキャラクターが集まっていて、成長する環境にはうってつけの最強な会社だからです。
戻ってきても変わらない温かさと常に進化し続けている人たちに囲まれて、毎日刺激をもらえる最高な環境に大好きが詰まってます。

切磋琢磨できる大切な同期とメンバー!
オンオフ限らず仲良しです。

戻ってきて自分が成し遂げたいこと

私がしたい事は今までアン・コンサルティングになかったことを実現すること。そして、何よりも念願だった人事を楽しむことです。
自分自身が楽しむことで、就活生の方にも社会は思っているより楽しいことを伝えたいし、早く社会の一員になりたいと思ってもらいたい!と感じてます。(もっと壮大に語ると)そんな就活生で溢れるワクワクした社会をつくりたい。(笑)
自分だから伝えられることを今のうちにしっかりまとめて準備万端の状態で挑みたいと思います!(燃えてます!)

人生の軸

「出会った人はみんな大切にする」という考えを人生の軸においている私にとって、出会うべき場所で出会うべき人と出会うという言葉は私が大好きな言葉の一つです。その場所、そのタイミングでその人に出会うことに意味があるからこそ、私は「出会う人」を大切にしています。

最後に

最後までお読みいただきありがとうございました!
採用担当という仕事を通じてたくさんの方との出会いを楽しみにしています。たくさんお話ししましょう!

「新しいはたらくを創る」アン・コンサルティングの仲間たちです!

この記事が参加している募集

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!